メインビジュアル

東銀座駅徒歩1分 二次救急医療機関 24時間対応(夜間診療・休日診療)

〒104-0061 東京都中央区銀座4-11-4

お問い合わせ03-3541-3800

MENU

inspection 各種検査

各種検査のご案内

各種検査について

各種検査一覧

検査名 内容
CT検査 X線で撮影した画像をコンピューター処理し、体の横断面の画像をみる検査です。
CT大腸内視鏡検査 内視鏡を使わずに大腸を検査する方法です。炭酸ガスで大腸を膨らませ、新型のマルチスライスCTで撮影し大腸の3次元画像をコンピューターで構築します。大腸内視鏡検査と比べ苦痛が少なく短時間で検査できます。
上部消化管造影検査
(胃バリウム検査)
バリウムと発泡剤をのみ、X線を用いて食道・胃・十二指腸を観察する検査です。腸管の凹凸をみて病変を発見・診断します。
上部消化管内視鏡検査
(胃カメラ)
胃カメラ(CCDカメラが先端に取り付けられたコード)を口(または鼻)から挿入し、食道・胃・十二指腸を観察し病変を発見・診断します。
下部消化管内視鏡検査
(大腸カメラ)
大腸カメラ(CCDカメラが先端に取り付けられたコード)を肛門から挿入し、大腸(上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸、盲腸)を観察し病変を発見・診断します。
腹部超音波診断検査 超音波(高周波の音波)を体表から体内にあて、反射波(エコー)をとらえ画像化し、臓器を描出する検査です。主に肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓を観察します。
骨密度検査
(超音波法)
主にかかとの骨に超音波をあて骨密度を測定し、骨粗鬆症の有無を検査します。
ABI
(脈波)
足関節と上腕間の最高血圧を比較することにより、血管の狭窄や閉塞などを評価し動脈硬化の進行を推定する検査です。
アミノインデックス 血液中のアミノ酸濃度を測定し、そのバランスから現在がんであるリスク(可能性)を予測する検査です。いずれかのがんであるリスクを評価することはできますが、それぞれのがんのリスクについて区別することはできません。高リスクの場合は、精密検査が必要になります。
男性(5種):胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん
女性(6種):胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん(子宮頸がん、子宮体がん)
CT検査 X線で撮影した画像をコンピューター処理し、体の横断面の画像をみる検査です。
CT大腸内視鏡検査 内視鏡を使わずに大腸を検査する方法です。炭酸ガスで大腸を膨らませ、新型のマルチスライスCTで撮影し大腸の3次元画像をコンピューターで構築します。大腸内視鏡検査と比べ苦痛が少なく短時間で検査できます。
上部消化管造影検査
(胃バリウム検査)
バリウムと発泡剤をのみ、X線を用いて食道・胃・十二指腸を観察する検査です。腸管の凹凸をみて病変を発見・診断します。
上部消化管内視鏡検査
(胃カメラ)
胃カメラ(CCDカメラが先端に取り付けられたコード)を口(または鼻)から挿入し、食道・胃・十二指腸を観察し病変を発見・診断します。
下部消化管内視鏡検査
(大腸カメラ)
大腸カメラ(CCDカメラが先端に取り付けられたコード)を肛門から挿入し、大腸(上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸、盲腸)を観察し病変を発見・診断します。
腹部超音波診断検査 超音波(高周波の音波)を体表から体内にあて、反射波(エコー)をとらえ画像化し、臓器を描出する検査です。主に肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓を観察します。
骨密度検査
(超音波法)
主にかかとの骨に超音波をあて骨密度を測定し、骨粗鬆症の有無を検査します。
ABI
(脈波)
足関節と上腕間の最高血圧を比較することにより、血管の狭窄や閉塞などを評価し動脈硬化の進行を推定する検査です。
アミノインデックス 血液中のアミノ酸濃度を測定し、そのバランスから現在がんであるリスク(可能性)を予測する検査です。いずれかのがんであるリスクを評価することはできますが、それぞれのがんのリスクについて区別することはできません。高リスクの場合は、精密検査が必要になります。
男性(5種):胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん
女性(6種):胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん(子宮頸がん、子宮体がん)
TOP